COSMO-NEXT COMPANY

製品紹介レイバースケジューリングの進化版 ワーカープロデュースマネジメント

  • Product 写真の説明を入れます
  • 飲食業と小売業について
    現状 現在、飲食業界や小売業界では、とても厳しい状況が続いています。
    また、新型コロナウィルスの影響により、更に大きな打撃をうけています。
    これからの店舗型ビジネスは、今までと同じやり方では、間違いなく、マイナス方向に向かうでしょう。
    飲食業や小売業を今後も残すために、力を合わせて乗り越えましょう。
    今こそ、行動するときです
    現状の問題点 現在、飲食業界や小売業界では、とても厳しい状況が続いています。
    更に、新型コロナウィルスに影響により、大きな打撃をうけています。
    の問題点として、「人件費の増加」、「人手不足」、「売上減少」があげられます。
    人件費の増加:2021年10月から東京都最低賃金は28円引き上げて、1,041円になります。
           2011年は831円だったので、約20%アップしています。
           本来であれば、人件費が20%アップすれば、それと同じく売上も20%アップしないといけないのですが、現実は厳しいと思います。
    人手不足  :日本国内では、2000年の12,693万人をピークに人口は減っています。
           当然、人手不足になります
    売上減少  :主に、同業他社や人口減少、その他にも品出しや接客なども関係して、売上を上げ続けることが難しくなってきています。

    ※人件費の増加が最大の問題です。
    現状の対策 飲食業界や小売業界の「人件費増加」「人手不足」「売上減少」に対しての対策です。
  • 情報の見える化
  • 部門間での応援
  • トヨタ生産方式の取り入れ
  • 契約時間の見直し
  • 人時売上高と人時生産性の算出
  • 人時計画、人時実績、売上、客数などの分析
  • マルチタスクの取り入れ
  • ピックアップの取り入れ
  • ネットショップの取り入れ
  • 作業効率を上げて、効果も上げる仕組みづくり
    基本概念
    業務種類
    1日の人員と仕事量
    ワーカープロデュースマネジメントの導入流れ
    システム構成
    タイムテーブルのサンプル
    分析画面(グラフ表示)のサンプル
    導入金額
    動画説明

    << 前のページに戻る