レイバースケジューリングプログラム

本ソフトウェアは、レイバースケジューリングプログラム(以後、LSP)のしくみを実装することにより、 「効率を上げて(人件費を下げて)、 効果も上げる(売上を上げる)」を実現します。

最初にわかっていただきたいのは、これを実現させるためには、経営者・店舗運営部・店長・各部門マネージャの覚悟が必要です。
決して、簡単に実現できるものではありません。

レイバースケジューリングプログラムは、小売業向けになっていますが、
製造業など他の業種でも使えます。
「効果」とは、増やすべき対象であり、売上・客数・サービスレベルなどです。
「効率」とは、減らすべき対象であり、人件費・在庫・業務などです。
これからの時代は、「効率化」がとても大切になってきます。

業務改革で最初にやることは、現状の把握です。
問題というのは、理想(目標)と現実(現状)のギャップです。
現状をわからずして、問題は見つからないということです。
現状把握で最も大切なことは、今の作業にどのくらいの時間がかかっているかを知ることです。
とても大変な作業ですが、とても大切な作業です。
作業時間計測については、弊社でもお手伝いできると思います。

今が改革のチャンスです!!

コラムには、レイバースケジューリングプログラムや小売業の問題点なども書いてありますので、読んでみてください。
また、無料説明会や出張説明会などもおこなっておりますので、まずは、お問い合わせください。

動画説明

概要説明


レイバースケジューリングプログラムとは(その1)

仕事というのは、一般的に人に割り当てると思いますが、 レイバースケジューリングプログラムは、人に仕事を割り当てるのではなく、
「仕事に人を割り当てます。」
仕事がないなら、人を割り当てる必要はありません。
レイバースケジューリングプログラムの考え方は、曜日・時間毎に発生する仕事量に応じて、必要な人を割り当てます。
要は「ムダ・ムリ・ムラ」をなくして、生産性の向上を図るというものです。


レイバースケジューリングプログラムとは(その2)

1日の時間帯には、忙しい時間帯と忙しくない時間帯があると思います。
通常のグラフで、仕事量を考えずに、人を割り当てると ムダな時間帯とムリな時間帯が出てきます。
ムダなところは、人件費が増加し、ムリなとことは、売上機会の損失やサービスの低下になります。
レイバースケジューリングプログラムのグラフでは、時間毎の仕事量に応じて、人を割り当てます。 ムダがなくなることで、人件費が削減します。ムリがなくなることで、売上機会の損失、サービス低下が減少します。
結果的に「人件費を下げて、売上を上げる」ことにつながります。


レイバースケジューリングプログラムとは(その3)



小売業界などの問題点

現在の小売業などの問題点について、大きく3つ挙げます。

【1つ目】売上金額の減少です。
  • これは、コンビニ、中食業界やライバル店の進出や サービス低下などが考えられます

  • 【2つ目】人手不足です。
  • これは、労働人口の減少、賃金などが考えられますが、 特に都市部のお客様は、人手不足で悩んでおられました。

  • 【3つ目】人件費の増加です。
  • 都内の最低賃金は958円です。(2017年時点)
      仮にパートさんが、100人いた場合、1時間あたり、95,800円増えることになります。
      10年前は739円だったので、人件費の増加は、とても大きな問題点です。

  • 他にも販促費などの問題もあると思いますが、こちらは新聞をとっている人が減少している今、チラシ配布の仕組みを見直す必要があります。

    伝えたいこと

    レイバースケジューリングプログラムを導入することで、「ムダ・ムリ・ムラ」がなくなります。 人件費を下げて、売上を上げることが出来ると思います。
    結果、小売業界や他の業界の問題点が解決されるのではないでしょうか。

    我々の強み

    我々はレイバースケジューリングプログラムの進化版として、
    独自にワーカープロデュースマネジメントシステムを開発しております。
    レイバースケジューリングプログラムは、PDCAの主に計画と実行部分に相当します。
    ワーカープロデュースマネジメントシステムは、PDCAの計画と実行以外の検証と改善部分も含まれます。
    常に必要人時、計画人時、実績人時を分析して、次に活かします。

    また、これからは、益々、人手不足になりますので、部門間でのヘルプは必須になります。
    部門間でのヘルプで問題になるのが、部門ごとの労働時間の把握です。
    店長やマネージャが従業員から聞き取る、または、従業員からの自己申告でおこなっていませんか?
    弊社のレイバースケジューリングプログラムは、 聞き取りや自己申告をおこなわずに、既存の勤怠管理と連携することで、 部門毎の労働実績時間を把握することができます。(特許出願中)
    もちろん、部門ごとに打刻機械を設置したり、従業員に何か持たせることもいたしません。
    ※部門間のヘルプをおこなうことで、 人手不足だけでなく、人件費削減にもつながります。

    システム構成

    弊社のレイバースケジューリングプログラムは、クラウドを使って、1元管理します。
    保守などについても、遠隔から出来ますので、素早く対応できます。

    導入費用概算

    まずは、下記にお問い合わせください。
    電話:043-307-6121
    メールアドレス:info@cosmo-next.co.jp


    ページのトップへ戻る